ブランク明けokの看護師転職は?

user-pic
0

結婚や出産を期に仕事を離職した看護師やさまざまな理由で職場を辞めた看護師にとっては、再び看護師の仕事に復帰することはとても不安なことです。また看護師の仕事に憧れ看護学校を卒業して働き始めたものの、1年以内に辞めていく新人看護師も毎年数多くいます。

そんな辞めていった看護師のなかにも何年かして、また看護師として働きたいと思っている方も少なくありません。しかし臨床の現場も日々、進歩や変化を遂げています。たとえば電子カルテなども在職中には無かったのが、看護師の求人に応募したら電子カルテが導入されていたなどです。

看護師は国家試験に合格すれば一生、働くことができる職業です。さらに全国どこでも看護師不足が叫ばれているので、転職や就職には困りません。しかし看護師を離職してブランクの期間が長いと、本当にまた看護師としてやっていけるのか不安になります。

そこで今回は看護師に特化された転職サイトや転職エージェントで、「ブランク明けok」の病院がどれほどあるか調べてみました。まずはランキング1位のナースフルですが特に勤務地などを指定しないで「ブランク歓迎」にチェックをいれ、検索したところ何度やっても「見つかりませんでした」と表示されます。

ランキング2位のナース人材バンクの場合も「ブランク明けok」での検索項目はなく、検索をすることはできませんでした。ただおすすめポイントに「教育充実」の検索項目があり、これで検索すると新人看護師だけでなく離職した看護師の支援や教育を行っている病院もありました。

ランキング3位のマイナビ看護師には「ブランクのある方も応募可能」の検索項目があり、特に勤務地などを指定しないで検索すると3610件ヒットしました。ただほとんどの病院の求人詳細には、特にブランクのある方のための研修制度などは記載されていません。ただ充実した研修制度とか、固定チームナーシングなどの表現で書かれているだけです。

ランキング4位のベネッセMCMの場合も「ブランク明けok」での検索項目はなく、検索をすることはできませんでした。ただフリーワードで「ブランクあり」で検索すると1件だけヒットしました。この病院の求人詳細には「ブランクあり、ちょっと自信なし看護師さんご相談ください。」と書かれていました。

最後にランキング5位の看護のお仕事の場合は「ブランク可」の検索項目があり、特に勤務地などを指定しないで検索すると406件ヒットしました。看護のお仕事の求人詳細には「教育制度」という項目があり、ここにプリセプターシップ・院内外研修・中途向け研修・新人研修・インターシップ・長期研修制度などの記載があります。

老健看護師転職エージェントランキングも同じような掲載がありますね。


このブログ記事について

このページは、すぐるが2018年6月29日 12:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「作り置きもいいかもしれません」です。

次のブログ記事は「技術の進歩を感じます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク