学校薬剤師とかそもそもの薬剤師年収の話とか

user-pic
0
薬剤師が、学校で働けるか?という問題は、もちろん、学校薬剤師も存在しますから、可能な事となります。しかしこの場合、実際、学校に駐在するということではないのですが、薬剤師は、薬剤師として、学校という場所で、活躍する事は可能です。

日本学校薬剤師会では、子供たちの教育環境を守るために、幼稚園から高等学校までの環境衛生及び保険安全を管理する仕事をしているのです。

そもそも学校教育法が昭和20年代に制定施行されて、その施行規則の条例の中には、学校の環境の整備という言葉が盛り込まれ、今日の学校環境衛生につながる文言が提唱されているのです。
更に、昭和30年代に学校保健法が制定され、その条例の中にも学校薬剤師の必置制が唱えられてもおりますし、政令代の中でも同法の施行令が公布されて、同法施行規則の条例の中にも学校薬剤師の職務執行の準則等は示されており、学校薬剤師の身分と職務が確立されたのです。

その中でも日本学校薬剤師会は、薬剤師として、学校という場で活躍するにあたり、教育にふさわしい人間性を持つ事が大切であり、尚且つ教育には、正しい理解を持つ事も重要であり、職務に必要な知識のための講習会や研修会などが必要だとしています。

またこの学校薬剤師は、そもそも薬剤師の免許を取得している事だけではなれずに、新卒で日本薬剤師会に入るというよりは、ある程度他の職場で薬剤師としての経験を積んでから活動を開始する方がよいといえるものです。

こうした、学校で活躍する事となる、学校薬剤師は主に、学校の環境衛生における定期検査の業務を行い、医薬品もしくは毒物、保健管理に必要な用具の管理に関する点検をするとか、指導を行うのが、主な業務となります。
要するに、学校薬剤師は、学校の環境に関する、又は関わるものをすべて確認するのが仕事であるという事がいえます。

例えば、学校薬剤師が、確認すべき点は?といえば、教室等の環境に係る学校環境衛生基準となる、換気及び保温等、採光及び照明、騒音に至るまでを確認し、飲料水などの水質等も学校衛生基準という事で、確認すべき点ですから、水質等も当然確認し、施設、設備に関する点もしっかりと確認になります。
<br><br>
この他にも学校自体の清潔であるとか、ネズミや衛生害虫等も確認し、教室等の備品の管理も行います。このような、学校薬剤師の主な業務等は、日本学校薬剤師会のホームページでも観覧できますので、薬剤師として学校に携わる仕事を目指すという方は、薬剤師会のホームページをご覧ください。あとまああと年齢別の薬剤師の年収については併せてチェックしておいてください。


このブログ記事について

このページは、すぐるが2013年10月10日 19:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スピーチがYoutubeで見れます」です。

次のブログ記事は「薬剤師の院内製剤について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク

  • Google
  • 昨今調剤薬局転職で役立つサイトと言えばこのサイト!大手エージェントが気になる薬剤師の皆さんにはお勧めですね。
  • 薬剤師転職サイトのランキングと言えばこのサイト!リクルート、マイナビはじめ大手サイトを比較!
  • 人材の流動性が高まっている昨今において、薬剤師1年目で転職する方も多いです。無理して長く勤める必要はないでしょう。